ワンとの生活、歩(プー)



私にとって初めてのワンであるプー君。
躾に関する多少の知識を元に生活を始めました。
一番大変だったのはトイレの躾かな〜・・・!どこでもシッコ&ウンチ(笑)
サークルの中に寝床とトイレ、ワンは綺麗好きだから寝床ではしない。
なんて何かに書いてあったような気がします。っが嘘!(笑)
ウンチを踏んづけ部屋の中をウロウロされたり、布団でシッコもされました(^^ゞ
8ヶ月間ショップにいたせいなのか留守番だけは大人しく良い子でしてくれました。

平日は、朝6時〜夜6時位まで留守番です。
1歳になる前だったと思うのですが・・・その頃私はシステム関係の部署にいました。
その日は大きなトラブルが発生し、徹夜での復旧作業となったのです!(+_+)
家ではプーが帰りを待っている!でも仕事しないと養っていけない・・・(笑)
気にしながらも仕事をこなし、翌日のお昼に帰宅しました。
1日半もの間サークルに閉じ込められてたプー君、どうなってるだろうなんて考えながら帰宅。
ドアを開け私が見たものは!!


サークルの中は前日の朝と同じ状態!
ペットシートも乱れてなく、まるでちょっとの間留守番してたような感じでした。
そんなサークルの中にチョコンと座ってるプー君。
普通なら発狂寸前状態で「お帰り〜!!」っと思うのですが、そんな事もありません。
なんて良い子なんだ!ずっと我慢してられるなんて(ToT)ダー

ショップにいた8ヶ月という期間がプーをこういうワンコにしてしまったのでしょう。
考え様によっては、初めてワンと生活をする私にはとっても良い事なのですが・・・
ワンってこんな感じなのかな〜なんて甘い考えを持たされてしまったのはプーのせいです(笑)
それを実感する日は2年後にやってきます!!←ワンとの生活、ゲン(源)をご覧下さい(^_^; アハハ…


仕事が忙しく帰宅時間は毎日10時11時だった頃・・・
良い子で留守番してくれてるプーに遅い晩ご飯をあげ、最低でも1時間位は遊んでから寝る毎日。
この頃は私は寝室、プーはリビングのサークルでおやすみでした。
しかし、遅くなった日はこの1時間が辛い!早く寝たい!
ならば一緒にいられる時間を増やすっという事で、一緒に寝よう♪
これは賛否両論ありますので、我が家の場合です。
1時間の遊びも数十分に減り、早く寝る事ができました(ーー;)


私が住んでいたのは、2階建て4室の建物が5棟あるアパート?
プーがやっと外でも歩くようになったある日、○棟の前でワンを遊ばせてる方達と目が合いました!
ワンが一緒だと人見知りの私でも直ぐにお話ができます(笑)
プーも他のワン達と直ぐに仲良くなり、散歩=ご近所さんと遊ぶっとなるまでに時間はかかりませんでした。

遊び友達がお星様になった時も、前日の夜、何故かたまにしか会わないワンも含めて、全ワンコが集まって
遊んだのを今でも覚えてます。不思議な事です。


大家の奥さんがワン好きな方で、プーと接してるうちにダックス欲しい病にかかってしまいました(笑)
なんとかご主人を説得し迎える事となったのです。
プーと同じように数ヶ月間ケージで生活してた子!
ブラタンとレッドの子がいました。奥さんから、どちらかを迎えたいから一緒に見に行ってよと言われ行きました。
完璧に私の好みでレッドの子に決定!
もしかしたらプーがブラタンだからレッドだったかもしれません(^Q^)/ ギャハハ

ワンを迎える時に注意する事を・・・
多分身内以外と一緒にワンを迎えに行く方は滅多にいないとは思いますが、迎えるワンは必ず身内の方が抱っこ
してるようにして下さい。
この時迎えたレッドの子は、奥さんがフード等買い物をしてる間、私が抱っこしてました。
この子はかなり臆病で、人見知りだったのですが、私には平気で触らせてくれます。
ご主人にも慣れるまで時間がかかったようです(笑)

プーとは違い、とっても元気!!
多分こんなにワンパクだとは思ってもいなかったと思います。
完璧にプーに騙されましたね!(笑)
今も元気で遊んでるかな〜、いつか訪ねてみようと思ってます。


ワンが言葉を話せたら・・・
誰もが思う事ですよね。
プーが話せたら、気持ちがわかったら・・・大人しすぎる子だから余計思います。
次男のゲンが来た時は、「おまえには嫌な事だったのかな〜・・・」っとプーを見つめて思いもしました。
ワンらしくないワン、そこに居るだけで癒される子です。